最近コンタクトもネット通販が主流になってきました。しかし、その中の大半。主にカラコンにおいては海外産のものが殆どになるかとは思います。

海外産レンズは日本人に適合しないだとか、寄生虫が入っているだとか、様々な噂や情報が出回りTwitterなどのSNSでは注意喚起を嘆く書き込みや呼びかけが見受けられますが、実際はどうなのでしょうか?

結論は、国産だから安全・海外産だから安全じゃない。
その偏った意見が最も危険ではないか? とも言われているようです。
しかしどうしてでしょうか?
確かに、あまりに安価なレンズには危険とは言えるでしょう。
あまりに安いレンズの大半はカラー部分を直接プリントしているものもあり、保存液に色が滲み出してしまうことや、綿棒で擦れば色が付着するなんて事もありうるでしょう。
確かに一時はこのような色移り問題などかなり話題になりましたが、目のトラブルの要因の殆どが、ずさんなレンズケアが招いている事だと言えます。
その結果ものもらいや充血や目の痛みなどのトラブルに繋がってしまっているという考え方も出来ます。

まとめとしては、カラコンを通販で買うことに気をつけるべき点としては
・三層構造のサンドイッチ処方のレンズを買う 安価だからという点でレンズ選びを行わない
・レンズケアをしっかり行う(定期的に落としきれないタンパクを除去するケアも行う)

この二つが最も重要なことになるのではないでしょうか?
実際に私自身カラコンデビューをした10年ほどまえ色移り問題に直面したことがありました。しかし今では品質も段々と安全になりこのような問題はそこまで遭遇することはありません。海外産だから危険という判断基準はかえって危険が潜んでいます。
まずは、自分自身のレンズケアの仕方を見直していく必要もありますね。