Archive for 2月, 2013

Title:

Date: 金曜日 2月 8, 11:23 am

正直、その製品名だけではどんな化粧品かも私はぱっとしませんでした。
しかし、詳細を調べた所ライスフォースの姉妹ブランドの化粧品だそうです。

フィトリフトお試しセットはこんな人におすすめ!

ライスフォースと言えば、”毛穴対策など若い人向けかな?”と思われるようなイマージュから出したお米を素材ともする化粧品で今人気を集めています。
よくインターネット広告や・雑誌などにも紹介もされていますね。
しかし、こちら姉妹品フィトリフトはアンチエイジングがメインのプラセンタ効果が期待出来る化粧品だそうです。
ヒアルロン酸の6・14倍の潤い成分なんて広告バナーにも掲載されていますが…いったいどれだけ凄いものなのだろうと疑問にも思います。
しかし、製品ページを見てフィトリフトシリーズに使われているプラセンタよりもアンチエイジングに絶大に効果的とされている成分は、「フィト発酵エキス」です。
あまり聞き慣れない言葉ですね。しかし、それもそのはずです。
フィト発酵エキスは世界初のオリジナル開発成分です。
そんなフィト発酵エキスとはいったいどんなものかと言うと…
このフィト発酵エキスは、アレルゲンの低い穀物である「白たかきび」を、植物に共生している「パントエア菌」で発酵させた植物性のエキスです。
フィト発酵エキスがは肌に乗せることで、肌の成長因子に働きかけてくれます。
このことで、肌のターンオーバーが活性化したり、肌を保湿してくれたりするそうです。
そして、フィトリフトはこの発酵エキスだけでなく、バラ子房エキスやダイズエキスも配合されています。
ダイズエキスを主成分として作られた化粧品シリーズは一時とても人気を博しましたので、ダイズエキスのことをご存知の方はかなり多いとは思います。
しかし、”バラ子房エキス”はあまり聞き慣れない言葉である人が多いと思います。
実際、私も知りもしない言葉でした。
けれど、バラエキスなら化粧品に使用されていることもよくあり、見かけた事もあります。
しかし、よくわからないワードはこの「子房」という部位です。
実際検索をしてみて、この「子房」というのは、いわば動物で言う子宮のようなものです。そんな子房。この部分には、かなり多くの栄養が含有されています。
よく耳にもする”植物性プラセンタ”として販売されている成分も、この部分から採取したもののようです。

”植物性”と聞くと何処か安心感を覚えるのはきっと私だけではない筈です。
動物性だとすれば、確かか品質のものでないと案外と副作用や引き起こしやすいなんて言われていたりもする故に、手もなかなか出しにくいような印象を持ってしまいます。
そして何より効果を実感してみたいと思った言葉、”ヒアルロン酸の6.14倍”
乾燥が気になり「どれだけ潤してもらえるのだろうか!」と期待してしまいますよね。
お試しのセットは2000円でお釣りが来る程に良心的なお値段で、とてもリーズナブルです。
肌も疲れ切ってる今、是非効果を試してみたいと思います。

 

 


 

Title:

Date: 火曜日 2月 5, 11:16 am

やはり、ムダ毛で無くしたい場所。一番最初に皆さんお考えになる場所は脇だと思います。
そんな時、”やはり生えなくなるなら永遠に”とプロにお願いをすることになっても、様々な方法がございます。

現在様々ある脱毛方法、しかしどんな脱毛がいいかはなかなか分かりにくいものですよね。

しかし、エステサロンで受けられる施術は、光脱毛がほとんどになります。
毛穴の中に針を通すニードル脱毛もありますが、価格と痛みの面を考えると、今はあまり人気がないことが現実です。
また、レイザー脱毛においては、許可のあるエステサロン以外では受けられるものでもありません。これも確実性は高いのですが、やはり理由がニードル脱毛と同じで、人気があるとは言い難いものです。
また、施術者によっては技術の力量の差があります。それを裏付けするのが、よく耳にする予約指名です。勿論、施術だけではなく、照射時に使用するジェルや施術後のケア商品でクオリティーにも差は生じます。

そんな中でも得に人気のある脱毛法”光脱毛”が何故人気なのかを紹介していきたいと思います。
現在ほとんどのエステサロンで行われている脱毛方法の光脱毛。
この脱毛方法はフラッシュ脱毛やプラズマ脱毛という呼ばれ方もしますが、全て同じものです。また、脱毛情報サイトによってはIPL脱毛が別掲載で説明されているものもありますが、これも同じ分類になります。
エステサロンでは光脱毛かニードル脱毛を選択することができますが、光脱毛での施術がほとんどです。
また、よく広告などに掲載されている500円~2,000円程度のリーズナブルな価格で提供しているものは大抵が光脱毛と言っても過言ではありません。
やはり、”安い”という価格的な問題で人気が高い光脱毛ですが、エステサロンによっては値段の差が生じることもあります。
それは何故なのか?においては、使用している脱毛の機器の性能や、肌に直接塗布するジェル剤やケア用品などによっても差がつくと言えるでしょう。

私自身、以前レーザー脱毛とニードル式の脱毛を受けていた身ですが、正直やはり多少の痛みを伴うものには違いありませんでした。
正直、あまり光脱毛のことは深くは知りませんでしたが、「やはり値段が少し下がる分効果が劣るのでは?」とも思いましたが実際そんなことはないようです。
もし、これから脱毛を始めようとする際に、是非上記サイトをご参照するととても為になると思います。毛の気にならないツルツルのお肌、是非手に入れたいですね。