Archive for 1月, 2013

Title:

Date: 日曜日 1月 20, 9:11 pm

脱毛サロンへ行くと皆さんが絶対通る道、それが冷却だと思います。
冬場はとても辛く、「出来る事なら施術者を蹴飛ばしてしまいたい程に苦痛」「寒い、もうやめて!」…と、それが昔脱毛サロンへ通っていた私自身の本心でもありました。
しかし、照射をする前、照射した後「どうして冷却がそこまで必要なのか?」と疑問にも思った事も多数いるには違いません。
絶対にその説明は、脱毛の施術を行うエステティシャンの皆さんはしているかと思いますが、専門用語なども多く訳も分からぬまま、されるがまま冷却をされている方も多いと思います。
そこでかみ砕いて、その重要性を調べて参りました。
光脱毛にしろレーザー脱毛にしろ、皮膚の下の毛を作る組織の細胞を抹消する為に働いています。
その際、光を当てた部分からじわりじわりと熱が篭もり始めます。
それを施術終了後クールダウンの為に冷却をします。およそ放置時間は五分~十分ほど。当然その日は、体温を上げるような激しい運動やアルコール・入浴などの禁止事項の説明を受けるとは思います。
なぜそこまで施術箇所を冷やせというのかといえば、篭もった熱はなかなか逃げず、下手をすれば、軽い火傷のような事になりかねないからです。
また脱毛後はとても肌がデリケートな状態に陥ります。毛穴から細菌が入り込み毛のう炎などを起こしかねません。
レーザー脱毛にしても光脱毛にしても、毛を作る細胞を死滅させ永遠に毛の生えてこないようにする効果を出す分、とてもリスクも高いです。
施術後の”少しくらい大丈夫だろう”の判断がとても危険になってきて、エステサロンにとっても大きなリスク与える事にもなりかねません。
脱毛事態はチクリとする程度の刺激でしかありませんが、術後術前の冷却はこの時期とても辛いとは思います。主に現在は心配をされる時期ではありませんが、春~夏場の温かい時期は脱毛にとってとても肌ダメージを与えやすい時期にもなります。
冷却の辛さはあるかもしれません、しかし術後・コース終了後自分の施術箇所が理想そのものになることを想像してみては脱毛をする喜びを感じれると思います。

 

 


 

Title:

Date: 日曜日 1月 20, 12:50 pm

”いい化粧品を使ってるのに、エステに行ってるのに全く肌がキレイにならない”
睡眠不足や普段の食事が偏っていないか、まず自分の生活スタイルの見直しもとても重要になってくると思います。
美肌を作る上では基礎的なことかもしれませんが、案外見落としがちな事です。
睡眠が足りないことによったり、インスタント食品・ジャンクフードの摂取が多いと身体の中で活性酸素が沸きやすくなります。
近年よく聞く活性酸素。それはとても美肌のみならず、抜け毛や肥満…最終的には病気と様々な問題を引き起こす大きな要因にもなってきます。
しかし、抗酸化作用の高い食品の摂取により肌の老化を防ぐ事もできます。
やはり抗酸化の栄養といえばビタミンEです。
多く含まれる食物というと、果物ではアボカドやキウィ。野菜ではカボチャ。魚ではアジ、ウナギ、タラコ。油脂類ではアーモンド、ごま等が含まれてきます。
けれど多量摂取をすることで”身体のサビ”の元になる活性酸素を防げるという訳ではございません。
やはり、食事は三食バランスよく摂取をすることがとても大事にもなってきます。
補えない分はサプリメントなどを代用して摂取する事も良いです。
その他、美肌と聞くとやはり切り離せないのはビタミンCです。
ビタミンCと聞くと美白効果などを連想される方も多くいらっしゃると思いますが、全くその通り、シミを薄くする効果もあるといわれています。しかし、他にも肌の瑞々しさを保ったり保水効果もあると言われています。
主に果物や野菜に多く含まれる栄養素ですが、これは体内で吸収が難しく尿などで排泄をされてしまうので、定期的に毎日の摂取を心がける必要もあります。

「肌にも悪いだろうな~」とは思っても、ついつい夜更かしをしてしまったり、面倒だからといってインスタント食品で済ませてしまう。そのような事は私自身もしばしばあります。けれど、後悔する日は早くて翌日。吹き出物ができたり、肌がゴワついたりという恐ろしい事態を招きます。
肌をボロボロにするのは簡単ですが、肌を元の健康な状態へと戻すのはとても時間もかかります。女性ならば誰でも、老化なんて言葉は聞きたくはないと思います。
自分に甘えず、生活改善で美肌をGETしていきましょう。

 

 


 

Title:

Date: 木曜日 1月 17, 2:52 pm

脱毛サロンと聞くと、ミュゼプラチナムやTBCなどと大手のエステティックサロンや脱毛サロンを連想されます。
Tポイントカードをお持ちの方にはよく、誕生日月にTBCのレーザー脱毛の招待状なども届きとても、身近に最近では感じるものだと思います。
そんな中、私も先日誕生日月が近く通販ファッション誌イマージュからとある脱毛サロンへの優待DMを頂きました。
エピレという脱毛サロンですが…お恥ずかしいながら、全くそのサロンを知りもせず、池袋駅で赤い大きな看板を見て「ああ、ここの会社か」と初めて認識しお調べ致しました。
実際DMと照らし合わせて公式ホームページを閲覧しましたが、どうやらエピレはTBCの提携会社だそうです。
主に脱毛に特化し、TBCの脱毛データを元に自社開発の光脱毛のマシーンを導入しているそうです。
TBCといえば、昔からとてもニードル式のレーザー脱毛で有名です。また、施術者教育にも熱心なのでとてもクォリティーの高い満足度のある施術を受けられます。
そんな関連会社エピレですが…とても、脱毛料金の相場から比較をするとお手軽で、多くの脱毛サロンでは”○カ月とコース”と組まれますが1回からの脱毛も可能で料金も部位によっては万単位ではなく千単位なのでとても良心的です。
更に私自身お調べして驚きましたが、子供用のキッズ脱毛も行っているようです。
お母様とセットで更にお得とも言われていますが脱毛は確かに毛が生え始める二次成長期前くらいから行うのも良いとも言われていますが、その着眼点にとても私は驚きました。

なかなか、”脱毛”と聞くと怖い・痛そうというイメージを持たれがちですが、冷え性・寒がりの人には冷却の方が少し辛いだけであって照射には大した痛みも違和感も感じません。単に新しいもの好きというのもありますが、今回DM頂いたエピレ少し気になりますね。

 

 


 

Title:

Date: 火曜日 1月 15, 5:22 pm

生物化粧品といえば、最近ではエステなどのフェイシャルコースにでもあったりします。更に提携で化粧品の販売なんかもしている所もいくつかございます。

カタツムリエキス入りの化粧品に続き、「ヘビ毒化粧品」とても興味深い化粧品です。

しかし”毒”という名前から「怖そう」という偏見を持ってしまいます。
”生物化粧品”といえば日本のお隣の国、美容大国韓国です。
ヘビ毒化粧品もカタツムリエキス同様に韓国で流行したコスメで、ここ一年・二年日本では注目を集めているコスメになります。
そんなヘビ毒化粧品ですが、「塗るボトックス」とも言われる、究極のエイジングケアとして注目を集めています。
流石に毒という言葉から顔にのせることを躊躇さえしてしまいそうですが、
ヘビ毒と言っても、毒そのものを配合しているわけではありません。
”ヘビの毒の筋肉を麻痺させる作用を、シワを和らげるエイジングケアの化粧品に応用ができないか?”
とスイスの製薬会社が研究を重ねた上、ヘビ毒の成分構造を模したペプチドを開発に成功したそうです。
その成分『シンエイク』を配合したものが現在“ヘビ毒コスメ”として発売されています。ボトックスと言えばシワを消すアンチエイジングの注射としても有名です。
その効果を塗って試せる化粧品。初めはその言葉から躊躇さえしそうですが、実際のヘビの毒という訳ではないので一安心ですね。
エイジングケアはアラサー手前からなんて言葉も聞きますが、まさにその通りです。
”お肌の曲がり角”なんて言葉も聞きますが、女性はホルモンバランスもあり、とてもお肌がデリケートで何時状態が変わるかもわからないデリケートなものです。
流石にその言葉から「怖そう」とも思いましたが、乾燥が気になり目元にもシワのよりやすい時期。このシワを残さない為にも美肌維持の為にも、ヘビ毒化粧品是非試してみたいです。