Archive for the ‘婚活’ Category

Title:

Date: 木曜日 3月 27, 8:02 am

似たもの同士は惹かれあい結びつく可能性がとても高いものだと言われて居ますが……確かに長続きをするカップルというと、何か共通点があったりといった部分もとても多いような気がします。

確かに全く趣味が合わない人と付き合うと、自分自身がそこまで楽しく無いと感じてしまったり、一緒に居ておもしろくないなんて思ってしまう事もあるでしょう。

実際自分自身独身時代全く性格も趣味の方向性も180度違う相手とお付き合いをした経験がありますが、ついていけずに数ヶ月であっさりと振ってしまった事がありました。
そう思うと、やはりこの内面的部分でも「趣味」や「性格の部分的一致」という部分も青相手選びにとても大事なものではないのかと思えますね。

婚活をする時、女性の方ですとルックスや年収といったところを重要視する方もとても多いのではないのかと思えますが、やはりそこだけを重視するのもあまり良くないのではと私は個人的に思えます。
その結果、性格など内面的部分や趣味が全く合わない理解が出来ない事から結果的に「ご縁が無かった」という結果で終わってしまう事もあるのでは? と、考察が出来ます。
最近の婚活サイトなどでもプロフィール項目がとても充実しているサイトもあるそうなのでそういった情報から、アプローチをして見ることも一つの縁のつかみ方の手段なのでは? と、思えます。また逆に、婚活サイトを使用した婚活手段であるのでしたら、自分の趣味などの情報をしっかりと明記した方が縁を掴みやすいのでは? とも言われて居るそうです。
例えばアウトドアが好き、こういったスポーツをするのが好きです。そんな些細な情報でも興味を持ってくれる人は多数居るのでは無いでしょうか? ただし、少し困ってしまうケースですと、無趣味というのが一番とっかかりにくいものではないのかと思えますね。そう思うと、婚活中は同時に何か自分でも夢中になれる興味や関心を持てるといったような趣味を持つのにもいい機会なのでは? と、思えますね。

 

 


 

Title:

Date: 土曜日 3月 22, 8:00 am

20代後半30代となると、友人の結婚式ラッシュが相次いでご祝儀貧乏となってしまう事もあるそうですね。

確かに私自身も現在既婚の身ですが、出身が田舎なので20代前半期には田舎は結婚が早いのかこの婚結婚ラッシュに巻き込まれかなりの貧乏状態になった事があります。
人の幸せほど羨ましいものは無いものですね。その当時を思い返すと本当にそうだったあぁと思い出せます。
けれど、この友人の結婚式を逆手にとってこれがきっかけで結婚に至ったという方も実際に自分の周りには何人か居ます。
やはり地元同士となると、同じ中学高校の同級生や先輩なども居るケースもあってそこから恋が発展しゴールインなんて事もあるそうですね。
ただ参加するだけではなく、”素敵な出会いがある可能性も充分にありえる場所”だと言われて居るそうです。

まず招待をしてくれる新郎新婦というと幸せまっただ中ですよね。
その新郎新婦が友達であれば、今彼氏も居なくて相手募集中なの~とでも伝えておけば、もしかすると独身男子の近くに席を置いてくれる可能性もあるそうです。
また、余興は進んで参加すると良いとのこと。
その余興前に、『結婚おめでとうございます! 次に私もこんな幸せ手に入れたいです!現在彼氏募集してますよ!』なんて声をかけてみる事も一つの手段だそうです。
その日直接的に声がかからないとしても、追々新郎新婦さんの方から声がかかり紹介に……そこから恋愛に発展して結婚に至ったとうケースもあるそうですよ。

けれど、あんまりガツガツするのはどうなのだろう? と正直心配になってしまう部分もあるものですが、実際のところは出会いの場所を最大限に有効活用して頑張っている姿というものは恥ずかしいどころか誰の目で見ても、応援したくなる気持ちの方が強くなるものなので、好ましいものにも思えるそうです。
その為には、友人の結婚式でご縁探し、これもアリなのでは? と、思えてしまいますよね。

 

 


 

Title:

Date: 土曜日 3月 15, 8:13 am

世の中最近婚活という言葉が一気に浸透したなと思えますが、婚活をしっかりしているのにも関わらず結婚出来ない人なども居るでしょう。

そんな、結婚したいけどできない人にはやはり様々なパターンが挙げられると思えます。
その例をいくらか挙げていきましょう。
中でも近年多いという傾向のものというと、仕事が忙しいという人ですね。
また女性ばかりの職場に就いている影響もあって異性と関わりが殆ど無い故に……という方もとても多いそうです。
実際に私自身も独身時代美容関係の仕事に就いていた時とびっきりの美人にもかかわらず30代後半・40代に差し掛かる年齢にも関わらず、異性と関わる事が無い故に未婚という先輩方が沢山居ました。やはりこの回避方法としてはインターネット接続環境さえあれば手軽に行える婚活サイトを活用したり休日などを活用し婚活パーティーなどのイベントに足を運ぶ方法がベストなのではと、思えますね。
また、それ以外にも過去に「不細工」だとか「性格地雷」なんて異性に罵られてそれがトラウマになってしまって婚活をするのも恋愛をするのも怖いと怯えきってしまう人も居るそうですね。実際に私自身もまさにそのタイプでした。
けれど、これは一人の人間が言った心ない言葉には違い有りません。またよく考えてみてもください。
あなたの周りの既婚者の方は全員とびっきりの美人ばかりですか? そんな事はありませんよね。失礼な話ですが、ブスな芸能人だって結婚してる方とても多いのではないでしょうか? そう思うと、外見が全てでは無いとは思えませんか?
本当に真面目に婚活を考えている人というと、あなたの内面的な部分を重要視するものだと思えます。けれどやはり身だしなみなど最低限の部分にはしっかり気を配る必要性もあるものですね。
けれど、びくびくと怯え言葉を失ったままでは結婚なんて夢のまた夢です。過去にとらわれず、胸を張ってポジティブな気持ちで婚活に取り込めばきっと幸せを掴めるのではないでしょうか? やはりネガティブな気持ちや過去に言われた発言からの「思い込み」を持ち込んだままでは前に進めないものです。
自分から変わってやろう! そのくらいの意気込みも大事なのではないのかと思えますよ!

 

 


 

Title:

Date: 金曜日 3月 7, 8:33 am

世の中には色々なタイプの人間が居ますが、モテる人モテない人この2パターンに分けられるとさえ言われているそうです。

まずモテる人というと好印象の持てる人のように思えますよね。
けれど、逆にモテない人、当然ながら悪印象の人という事になります。
そこで、もし婚活パーティーに足を運ぶと仮定して「モテる人」とはどんな人なのかリサーチをしてみました。その結果婚活イベントスタッフの話に行き着きましたが、婚活イベントスタッフからというと、そのような場面を何十回否や多ければ何百回も見てきてるワケなので説得力があるものですよね。

まず第一に常に笑顔で居られる人です。
人によってはですが真顔は「不機嫌なの?」と思われてもおかしくない事です。
当然延々とヘラヘラ笑っているということではなく、常に口角をあげて頬を上げるように意識しておくことが大事なようです。すると自然と笑顔でいられる人に好感を持つ故に「あ、この人いいな話しやすそうだな」と思わせる事が出来るそうです。
何だか接客業のマニュアルのようですが、確かに接客業種の方というと見ず知らず人を常に笑顔で対応してくれて気持ちがいいものですよね。それと同じ事が言えるのでは? と私は個人的に思えました。
けれど接客業種をした経験も無い人であれば急に口角を上げて笑顔を……というのは楽しくも無いのに難しい事なのではと思えます。
そのためには事前に鏡を見て練習をしておく事が必要なのではと思えますね。

また、ゆっくりと話す事も大切なようです。
確かに早口だと何を話しているのか聞き取れない部分もあったり相手から「この人大丈夫かな? 緊張してるのかな?」と思われてもおかしくないそうです。
しかし、ここでゆっくり落ち着いて話すという事をすると、優しそうな人だな。おおらかだなという好印象を与える事が出来るそうです。また癒し系には弱い男性とても多いですよね?こういったおちついた話口調な人の方が圧倒的に好印象を与える事が出来るそうですよ。

他にもプロフィールをじろじろと見る事も明らかに品定めをしているようでNGとの意見もあるそうです。やはり出会いの第一印象でその人の見方が変わってしまうとう部分もあるようですね。やはり出だしが肝心です、まずは淑女になる事を意識する事も良いとさえ言われているそうですよ。

 

 


 

Title:

Date: 金曜日 2月 28, 8:00 am

婚活方法の中で昔から根強い人気のあるお見合いパーティー。

私は行った事も無いのですが、お見合いパーティーというとどこかホテルのホール1つを貸し切って立食パーティーをやりながら時間差交代でアピールタイムに入れて……というような”お見合いパーティーのテンプレ”的なものしか考えられないものですが、どうやら最近のお見合いパーティー本当に様々な趣向のものがあるそうです。
まず一つ目は、陶芸をしながらといったもの。
陶芸なんかそうそう一般人に経験が出来るものでも無い上、敷居の高い趣味だと思ってしまうものですよね。そんな緻密な作業をする陶芸をしながら婚活パーティーってどんな事をするの?!
と、思ってしまいますが……確かに一つのものを作りながら協力してと考えると、学生時代の文化祭の準備方式で異性にドキっとしてしまうというのもなんとなく分かってしまうような気がします。
またその他でおもしろいなと思ったものは、バスツアー&トレッキング。
それ以外でも、遊園地で手段お見合いパーティーといったもの。
双方アクティブな人向けといった趣向かも知れませんが、おもしろそうですよね。
トレッキングの方ですと、互いに励まし合いながら目的地を目指すと考えると確かにそこで見えぬ絆が生まれそうにも思ってしまうものです。ちょっと新しい出会いや進展が期待が出来てしまいそうですよね。

けれど、以前記事にも書いたとおり、やはりお見合いパーティーは楽しくても本来の目的を忘れない事が大事なのでは? と、思えますね。
様々な趣向のパーティーがあるからこそ自分にあった方式や趣向のものを選んで楽しみながらやる事も大事です。

 

 


 

Title:

Date: 金曜日 2月 21, 8:00 am

婚活において、ここ最近やはり”これが一番大事だな”と、思えた事はやはり行動力なのではと、思えます。

それは何故かというと当然のことながらやはり『待っているだけ』では何一つ変わらないのではないのかと思える節があるからです。
とある、相談所に勤める方のブロガーさんの記事を閲覧をしたのですが、やはり30代後半・40代になっても結婚が出来ない方は内向的で積極性に欠けるというような事を書かれていました。
また、流石に20代の頃とは違い待っていても1年変わらず、2年変わらずという場合に延々とこれの繰り返しになってしまい1日2日で運命の人に巡り会える確率は確実に下がっているようです。
確かにこういった積極性無く”待っているだけ”というの原因の一つになるのでは? と、思えますね。
やはりそこで「本気で結婚をしたい」と思うようでしたら、積極的な行動を行って行く事がやはり最もなのでは? と思えます。
婚活サイトに登録をする事も勿論ですが、お見合いパーティーに自ら足を運んでみることもきっと大事でしょう。
やはり、自分からアピールをしなくては何一つ現状は変わらないという認識をした方が良いそうです。

近年女性の晩婚化が進み”40代婚”というのも割と当たり前の事となってきましたが、子供を産んで仕事をして……と、先の人生を考えるとやはり結婚は早いほうが良いように思えますね。自分が年老いても未だ子供が成人を満たしておらず社会に進出して居なければ、その子を養育していかなくてはいけないものです。定年の年に当たる60才になった時子供が未だ中高生であるとなかなか大変だと思えますよね。
是非積極的な婚活を行っていく方が良いのでは? と、思えます。

 

 


 

Title:

Date: 日曜日 2月 16, 12:00 pm

結婚なんかもういいや。そう諦めてしまう事って婚活中の方は思ってしまう事もあるかも知れませんね。ネット婚活を行ったとしても100%がちゃんと婚活を本気で考えている相手に巡り会えるというワケでも無い可能性もありますし、フラれてしまう事もあるそうです。また、人間10人居れば10人とも全員と気が合うかといえばそうでは無いです。

やはり長期戦となってくれば心に疲れが生じてきてもおかしくはない問題かもしれません。
また、失恋直後に新しい人を探そうというと、やはり自分を更に追い詰めてしまう危険性もあるものです。完全に切り替えの早い人でしたら問題の無い話かも知れませんが、やはり気にしてしまう人ですと心に区切りのついていない状態で次に望む事はやはりそれほど好ましい事では無いように思えます。
やはりそういった不安定な状態につけ込む人も中には居るものです。
またそういった状態はどうしても自分自身の判断力も鈍ってしまうものですね。
やはりそういった期間の間や自分が婚活に疲れているという時は無理に活動をしよう! と必死にならず休む事も大事なのではないのかと思えます。
婚活婚活と世間は騒ぎますが、その後の一生をかけて人生を共に歩むパートナーを探すという事です。確かに行動力はとてつもなく大事なものですが、それ以上にそれだけの重みのある事なので慎重に行わなくてはいかないという認識も同時に持つべきだと思えますね。ですので完全に疲れたという時は無理をせず、一定期間をおいて再開させる事も良いでしょう。ただ根気が必要な問題にもなるので投げ出さない・諦めない事も大切な事です。ただ自分をいたわる期間を設けても良いのではと思えますよ。

 

 


 

Title:

Date: 土曜日 2月 8, 8:00 am

お見合いパーティーというと基本的にはどこかのホテルの宴会所などを貸し切って、立食パーティーのものを行いながら……と考える事が一般的かも知れませんが、最近のお見合いパーティーはどうやらそういったものだけではなくバスツアーやトレッキングをしながらというものや、遊園地や娯楽施設を貸し切りにしてという変わった趣向のちょっと面白そうなものが数多く開催されているそうですね。

こういった変わった趣向のパーテイー、確かに面白そう! とは思えてしまうのですが、やはり行きすぎは厳禁とのこと。この事は各婚活サイトの口コミなどにも書かれている事ですが、やはり長期間にわたって何度も足を運ぶ事はそこまで好ましい事ではないと言われているそうです。
確かにその場の空気を楽しむ事や、初対面の人との交流を大切にする、人見知りを全くしないなどといった事が出来る方にはお見合いパーティーほど良い婚活の場は無いといっても過言では無いかも知れませんが、どうやら本来の目的を見失ってしまう傾向に陥りやすいという事があるそうです。

確かに……楽しいとついつい参加費を払って足を運んでしまうかもしれませんが、”今日もカップリングは成立しなかったからまた次回”と続けていくうちに、本来の目的を見失ってしまう事はおかしくない事かも知れません。
そう思うと、この長期間にわたって頻度高く通う事はやはりそこまで好ましくないように思えてしまいますね。
そう思うと、やはり一定期間に集中して行い、ある程度の期間をおいて休んでというスタイルで行う方が好ましいのでは? と、思えてしまいます。
また、休み期間の過ごし方は婚活ネットなどを使用して婚活を行うという手段も良いとされているそうですよ。
人見知りをしないその場の空気を楽しむ事が出来る人は、本当に人から好かれやすい良い印象を持てるものですが、自分の為にも本来の目的を見失わないように自分で制限をかける事も必要かもしれませんね。

 

 


 

Title:

Date: 木曜日 1月 30, 10:08 am

ヲタだけど、私は(僕は)結婚が出来るのかな? と、心配をしている方が多く居るそうですが、これはそこまで心配する必要は無いように思えます。

思えばヲタク同士で結婚をしている人は中には沢山いますよね? そう思うと「私にだってチャンスはあるかも!」と期待せざるを得ないように思える上希望は絶対に棄てられないと思えるのではないでしょうか。
そんな自分も現在既婚の身ですが、とあるMMO系オンラインゲームのPLAY時間3000時間を超えるヘビーなゲーム好きなヲタクです。これから婚活に励もうとしているヲタクの皆さんは是非希望を棄てて貰いたくないなと思える事が内心です。

そんな方にオススメなサイトとしてあげられていたものがブライダルネットです。
なぜブライダルネットがおすすめなのかというと、日本最初の婚活ネットの老舗という安心感もあるものですが、月額費3000円と他の婚活ネットに比べて安い値段で婚活がスタート出来るという所もあります。また本名登録ではなくニックネーム登録が出来るので慣れ親しんだ呼ばれ方のHNで登録が出来るという所も少し嬉しいものですよね。
また、ヲタほどネット婚活だと押す最大の理由ですが、自分自身もヲタクの身なので分かる事ですが、とてもシャイな気質な方が多いものですよね。
そういった方が婚活パーティーに足を運んだといしても成功をする確率はあまり高くないものだと思えるのです。

けれどもし、自分はヲタだけど非ヲタの人と結婚したい! と、なるとなかなか難しいものかもしれません。極端に残酷な事を言いますが、一般の人からすると理解が出来ない・一つの趣味に対する執着が激しくて怖いと思われるケースも事実あるものです。
またそういった趣味を棄てる覚悟も無くては非ヲタの人との結婚は難しいものだと思った方が良いのではないでしょうか。

 

 


 

Title:

Date: 木曜日 1月 23, 3:00 pm

就職難といわれる時代でもありますが、結婚難とも言われる時代だそうです。

確かにとてつもなく失礼な言い方になってしまうかも知れませんが、30代後半・40代になって未だ未婚という方もとても多いように思えます。
けれど、そういった方の殆どがやはり仕事が忙しすぎて本当にそれどころじゃなかったというケースや恋人は居ても正社員でも無いし結婚が出来るか不安といったケースもあるそうです。そう思うとこの2つの困難は何処か繋がっているようにも思えますね。

けれど、そんなアラフォー・オバーフォティーンの皆さんに朗報です。
つい最近正月に実家に帰った際知った事ですが、40才を超えたの叔母が婚約をしたのです。直接どうやって相手を探したの? とは聞かなかったので、母伝いから聞いたのですが、どうやら婚活ネットを使用したとのこと。
確かに結婚相談所などに頼るよりもリーズナブルな値段でネットからお手軽に婚活が出来てしまう事はメリットを感じますよね。
その時叔母が頑張った事というのが、とにかくプロフィールを充実させたりメールの返信を欠かさずマメに行った結果デートを重ね、婚約にまで結びついたそうです。
つまりは、有料サイトを使って行うのであれば、サイトをとことん活用する事が勝利の秘訣へと繋がるようです。

実際にけれど、こういった身近から幸せ報告例などを聞くと、40代でもまだまだイケちゃう! と思えますよね。是非希望を棄てず前向きな気持ちで婚活に取り組んで行くことがベストなのではと思えます