Archive for the ‘美肌’ Category

Title:

Date: 金曜日 2月 8, 11:23 am

正直、その製品名だけではどんな化粧品かも私はぱっとしませんでした。
しかし、詳細を調べた所ライスフォースの姉妹ブランドの化粧品だそうです。

フィトリフトお試しセットはこんな人におすすめ!

ライスフォースと言えば、”毛穴対策など若い人向けかな?”と思われるようなイマージュから出したお米を素材ともする化粧品で今人気を集めています。
よくインターネット広告や・雑誌などにも紹介もされていますね。
しかし、こちら姉妹品フィトリフトはアンチエイジングがメインのプラセンタ効果が期待出来る化粧品だそうです。
ヒアルロン酸の6・14倍の潤い成分なんて広告バナーにも掲載されていますが…いったいどれだけ凄いものなのだろうと疑問にも思います。
しかし、製品ページを見てフィトリフトシリーズに使われているプラセンタよりもアンチエイジングに絶大に効果的とされている成分は、「フィト発酵エキス」です。
あまり聞き慣れない言葉ですね。しかし、それもそのはずです。
フィト発酵エキスは世界初のオリジナル開発成分です。
そんなフィト発酵エキスとはいったいどんなものかと言うと…
このフィト発酵エキスは、アレルゲンの低い穀物である「白たかきび」を、植物に共生している「パントエア菌」で発酵させた植物性のエキスです。
フィト発酵エキスがは肌に乗せることで、肌の成長因子に働きかけてくれます。
このことで、肌のターンオーバーが活性化したり、肌を保湿してくれたりするそうです。
そして、フィトリフトはこの発酵エキスだけでなく、バラ子房エキスやダイズエキスも配合されています。
ダイズエキスを主成分として作られた化粧品シリーズは一時とても人気を博しましたので、ダイズエキスのことをご存知の方はかなり多いとは思います。
しかし、”バラ子房エキス”はあまり聞き慣れない言葉である人が多いと思います。
実際、私も知りもしない言葉でした。
けれど、バラエキスなら化粧品に使用されていることもよくあり、見かけた事もあります。
しかし、よくわからないワードはこの「子房」という部位です。
実際検索をしてみて、この「子房」というのは、いわば動物で言う子宮のようなものです。そんな子房。この部分には、かなり多くの栄養が含有されています。
よく耳にもする”植物性プラセンタ”として販売されている成分も、この部分から採取したもののようです。

”植物性”と聞くと何処か安心感を覚えるのはきっと私だけではない筈です。
動物性だとすれば、確かか品質のものでないと案外と副作用や引き起こしやすいなんて言われていたりもする故に、手もなかなか出しにくいような印象を持ってしまいます。
そして何より効果を実感してみたいと思った言葉、”ヒアルロン酸の6.14倍”
乾燥が気になり「どれだけ潤してもらえるのだろうか!」と期待してしまいますよね。
お試しのセットは2000円でお釣りが来る程に良心的なお値段で、とてもリーズナブルです。
肌も疲れ切ってる今、是非効果を試してみたいと思います。

 

 


 

Title:

Date: 日曜日 1月 20, 12:50 pm

”いい化粧品を使ってるのに、エステに行ってるのに全く肌がキレイにならない”
睡眠不足や普段の食事が偏っていないか、まず自分の生活スタイルの見直しもとても重要になってくると思います。
美肌を作る上では基礎的なことかもしれませんが、案外見落としがちな事です。
睡眠が足りないことによったり、インスタント食品・ジャンクフードの摂取が多いと身体の中で活性酸素が沸きやすくなります。
近年よく聞く活性酸素。それはとても美肌のみならず、抜け毛や肥満…最終的には病気と様々な問題を引き起こす大きな要因にもなってきます。
しかし、抗酸化作用の高い食品の摂取により肌の老化を防ぐ事もできます。
やはり抗酸化の栄養といえばビタミンEです。
多く含まれる食物というと、果物ではアボカドやキウィ。野菜ではカボチャ。魚ではアジ、ウナギ、タラコ。油脂類ではアーモンド、ごま等が含まれてきます。
けれど多量摂取をすることで”身体のサビ”の元になる活性酸素を防げるという訳ではございません。
やはり、食事は三食バランスよく摂取をすることがとても大事にもなってきます。
補えない分はサプリメントなどを代用して摂取する事も良いです。
その他、美肌と聞くとやはり切り離せないのはビタミンCです。
ビタミンCと聞くと美白効果などを連想される方も多くいらっしゃると思いますが、全くその通り、シミを薄くする効果もあるといわれています。しかし、他にも肌の瑞々しさを保ったり保水効果もあると言われています。
主に果物や野菜に多く含まれる栄養素ですが、これは体内で吸収が難しく尿などで排泄をされてしまうので、定期的に毎日の摂取を心がける必要もあります。

「肌にも悪いだろうな~」とは思っても、ついつい夜更かしをしてしまったり、面倒だからといってインスタント食品で済ませてしまう。そのような事は私自身もしばしばあります。けれど、後悔する日は早くて翌日。吹き出物ができたり、肌がゴワついたりという恐ろしい事態を招きます。
肌をボロボロにするのは簡単ですが、肌を元の健康な状態へと戻すのはとても時間もかかります。女性ならば誰でも、老化なんて言葉は聞きたくはないと思います。
自分に甘えず、生活改善で美肌をGETしていきましょう。

 

 


 

Title:

Date: 火曜日 1月 15, 5:22 pm

生物化粧品といえば、最近ではエステなどのフェイシャルコースにでもあったりします。更に提携で化粧品の販売なんかもしている所もいくつかございます。

カタツムリエキス入りの化粧品に続き、「ヘビ毒化粧品」とても興味深い化粧品です。

しかし”毒”という名前から「怖そう」という偏見を持ってしまいます。
”生物化粧品”といえば日本のお隣の国、美容大国韓国です。
ヘビ毒化粧品もカタツムリエキス同様に韓国で流行したコスメで、ここ一年・二年日本では注目を集めているコスメになります。
そんなヘビ毒化粧品ですが、「塗るボトックス」とも言われる、究極のエイジングケアとして注目を集めています。
流石に毒という言葉から顔にのせることを躊躇さえしてしまいそうですが、
ヘビ毒と言っても、毒そのものを配合しているわけではありません。
”ヘビの毒の筋肉を麻痺させる作用を、シワを和らげるエイジングケアの化粧品に応用ができないか?”
とスイスの製薬会社が研究を重ねた上、ヘビ毒の成分構造を模したペプチドを開発に成功したそうです。
その成分『シンエイク』を配合したものが現在“ヘビ毒コスメ”として発売されています。ボトックスと言えばシワを消すアンチエイジングの注射としても有名です。
その効果を塗って試せる化粧品。初めはその言葉から躊躇さえしそうですが、実際のヘビの毒という訳ではないので一安心ですね。
エイジングケアはアラサー手前からなんて言葉も聞きますが、まさにその通りです。
”お肌の曲がり角”なんて言葉も聞きますが、女性はホルモンバランスもあり、とてもお肌がデリケートで何時状態が変わるかもわからないデリケートなものです。
流石にその言葉から「怖そう」とも思いましたが、乾燥が気になり目元にもシワのよりやすい時期。このシワを残さない為にも美肌維持の為にも、ヘビ毒化粧品是非試してみたいです。