”いい化粧品を使ってるのに、エステに行ってるのに全く肌がキレイにならない”
睡眠不足や普段の食事が偏っていないか、まず自分の生活スタイルの見直しもとても重要になってくると思います。
美肌を作る上では基礎的なことかもしれませんが、案外見落としがちな事です。
睡眠が足りないことによったり、インスタント食品・ジャンクフードの摂取が多いと身体の中で活性酸素が沸きやすくなります。
近年よく聞く活性酸素。それはとても美肌のみならず、抜け毛や肥満…最終的には病気と様々な問題を引き起こす大きな要因にもなってきます。
しかし、抗酸化作用の高い食品の摂取により肌の老化を防ぐ事もできます。
やはり抗酸化の栄養といえばビタミンEです。
多く含まれる食物というと、果物ではアボカドやキウィ。野菜ではカボチャ。魚ではアジ、ウナギ、タラコ。油脂類ではアーモンド、ごま等が含まれてきます。
けれど多量摂取をすることで”身体のサビ”の元になる活性酸素を防げるという訳ではございません。
やはり、食事は三食バランスよく摂取をすることがとても大事にもなってきます。
補えない分はサプリメントなどを代用して摂取する事も良いです。
その他、美肌と聞くとやはり切り離せないのはビタミンCです。
ビタミンCと聞くと美白効果などを連想される方も多くいらっしゃると思いますが、全くその通り、シミを薄くする効果もあるといわれています。しかし、他にも肌の瑞々しさを保ったり保水効果もあると言われています。
主に果物や野菜に多く含まれる栄養素ですが、これは体内で吸収が難しく尿などで排泄をされてしまうので、定期的に毎日の摂取を心がける必要もあります。

「肌にも悪いだろうな~」とは思っても、ついつい夜更かしをしてしまったり、面倒だからといってインスタント食品で済ませてしまう。そのような事は私自身もしばしばあります。けれど、後悔する日は早くて翌日。吹き出物ができたり、肌がゴワついたりという恐ろしい事態を招きます。
肌をボロボロにするのは簡単ですが、肌を元の健康な状態へと戻すのはとても時間もかかります。女性ならば誰でも、老化なんて言葉は聞きたくはないと思います。
自分に甘えず、生活改善で美肌をGETしていきましょう。