毛穴ケアには光を使ったものがあります。ひとことで光といっても種類がたくさんあり、それぞれの光に得意なことや効果が違っています。

レーザーが毛穴ケアに効果があることはご存知のかたも多いでしょう。

このレーザーをお肌に照射すると、毛穴に熱を与え刺激します。するとそれを傷ととらえて治癒させようとする力が働きます。これを再生修復機能といいます。この機能で毛穴の老廃物を排出したり、毛穴が引き締まったりとお肌が健康的に再生するのです。

レーザーのかわりにIPLという光を照射することもあります。IPLはレーザーよりもお肌に優しく、お肌トラブルの原因となるメラニンだけに刺激を与え、その他の血管や細胞にダメージを与えません。ですからレーザーよりもIPLを選ぶかたも増えています。

このIPLは照射するときにカメラのフラッシュのように光りますので、フォトフェイシャルとも呼ばれています。

毛穴の悩みには光エステ

フォトフェイシャルはお肌の悩み全般に効果がある治療法ですが、中でも毛穴の開き、たるみに悩んでいる場合におすすめです。またコラーゲンの生成をうながす効果もありますので、お肌全体にふっくらとハリツヤが出てきて、毛穴が目立たなくなることが期待できます。

治療後、お肌全体の修復が進むときに、開いたりたるんでしまった毛穴もきれいに治していきます。

光を照射する時に小さな衝撃がありますが、輪ゴムをはじいた程度のもので、我慢できないというものではありません。ですがどうしても気になるというかたは麻酔をしてから行うこともできますので、まずは相談してみましょう。

フォトフェイシャルはお肌トラブルの原因だけに作用し、それ以外に刺激のほとんどない極めてお肌に優しい治療法といえます。ですが日焼けやアレルギー体質でお肌が敏感になっているかたや、光に反応してしまうてんかんの持病のあるかた、その他の持病のあるかたには向いていない場合がありますので、その点だけ注意が必要です。

毛穴の開きをエステで治せるかのサイトもあわせてご覧ください。